ページトップへ

Today'sゆい工房

  • サイズ感

  • 2020/12/06(日)

「広さ」に対する感覚は、人それぞれのようです。

 

同じ空間に立っても、「広いなあ」と感じる方もいれば、

そうでもない方もおられます。

 

「広さ」の基準は、これまでに体感してきた、生活感覚や空間感覚によるところも大きいようです。

 

近年の住宅は、部材が規格化されているので、

天井高さや、開口部の内法高さなども、規格化された部材寸法により、設計内容が決まってくるところがあります。

 

住む人の体格や使い方までを考慮に入れた設計内容というよりは、

規格化された寸法の中に、自分の生活をはめ込んでいくような感じでしょうか。

 

衣類では、サイズに合わなかった場合、買い替えたりすることも可能でしょうが、

持ち家の場合は、そう簡単に、買い替えるということは難しいと思いますので、

サイズ感などを、詳細図や現場などで確認しながら建築を進めていくことが、大切ではないかと思います。

 

写真は、お客さまの、体格や使い方をうかがいながら造作した、食器戸棚。

写真の引戸の奥は、食品庫になっています。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全108ページ中)