ページトップへ

Today'sゆい工房

 
薪ストーブを語ると止まらない森です。今回は薪のお話です。
私の場合、1年目は割った薪を購入しましたが、意外に大量に消費することがわかったので、2年目は自分で割った薪も使用しました。
薪を割るつもりは全く、全然、ちっともなかったのですけど、おかげで今シーズンは薪代が安くすみました。仕方なく始めた薪割りですが、薪割り中は木の香りがして、森林浴をしている気分になりますよ♪
身近な「カーボンニュートラル」の普及のために、岩手県民の皆さんが少しでも薪ストーブを導入し、地元で生産された薪を地元で消費すれば、環境にもやさしく、地域経済の活性化にもつながるのではないでしょうか。なんてね。
ちなみに薪を割っているときは、「○○は木を切る~♪ヘイヘイホ~♪」って歌っています。小声で・・・。

岩手の木をつかった家づくり
ゆい工房 森

記事一覧 | 2016年05月