ページトップへ

Today'sゆい工房

本日は、OB施主様(10年前にゆい工房で住宅を新築されたお客様)が来社され、

現在までの暮らしの状況や、子供さんとのお住まいでのエピソードなどを伺った。

 

無垢のフローリングの足ざわりの心地よさや、蒸し暑い夏場に涼やかな風が通り抜ける爽快感など、

体感されていることを感じたままにお話しいただいた。

 

ウッドデッキも、思い出が詰まった場所になっているという。

BBQをしたり、夜になって、天体観測をしたり、一つ一つのイベントが、

愉しい記憶として詰まっているという。

 

最近は、部活動などでふれあう時間も少なくなっているが、

子供さんが小さい頃に、このような感覚を共有できたことは、とてもかけがいのないことだと。

 

「住まい」とは何だろうかと、居住学などで、いろいろと学んではきた。

機能や性能についての話はあたりまえのベースの話で、

家族のふれあいや、四季折々のシーンに応じた、体感する記憶の積み重ねが、

暮らしの豊かさになっていくのだろうと、感じさせていただいた。

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全105ページ中)