ページトップへ

Today'sゆい工房

年度末が近づいて、

ご家庭によっては、

子供さんの進学や、転勤などによる、

お引越しの準備などの時期になっているでしょう。

家族の暮らしには、様々な転換期が訪れます。

変化する生活の中でも、家は、変わらずにあり続けます。

 

外で様々な活動をしても、やがては、また戻ってくることができる場所があるということは、

とてもありがたいことなのだと思うこの頃です。

 

家は、不動産です。

車や家電などの消費財と違い、動かすことができません。

償却期間が過ぎても、存在し続けます。

時間の経過とともに、変化しますが、

その変化が、成長なのか、停止なのか、劣化なのか、 

それは、人がどのようにかかわるかによって、違ってくるように思います。

 

メンテナンスフリーの家がいい、できるだけ手がかからない家がいい、

と思いがちですが、

日常の掃除がされているところと、

まったく掃除すらされてないところでは、

随分と違います。

 

人とのかかわりの中で、いい味わいになっていく、そんな家があったらいいなと、思います。

多少手を抜いても、いい味わいの空間になってくれる、そんな家がいいなと思います。

 

「家が育つ」というのは、住む人との、関わり合いによる変化なのだろうと思います。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全108ページ中)