ページトップへ

Today'sゆい工房

暮らしのイメージを具体化するために、図面には家具を描き込むこと。

これは、設計の師匠から教わった基本計画での1つのポイントです。

間取りを描いても、そこに生活者の姿が見えてこないようでは駄目だというのです。

いろんな家具をどのように配置するかも、頭を悩ますところではあります。

建物の空間にジャストサイズなものはなかなかありません。

高さのある家具の場合、転倒防止の細工が必要になったりするのですが、これが今ひとつ美しくなかったり。

家具によってインテリアのイメージはずいぶんと異なってきます。

ゆい工房では、間伐材で造られたフリー板を用いて、作り付けの家具をこしらえる場合が多くあります。

造作棚1つで、空間の豊かさが出てくるようにも思います。

 

 

 

記事一覧 | 2019年6月