ページトップへ

Today'sゆい工房

  • 稲穂

  • 2009/10/05(月) 日常
稲刈りのシーズンです。

雨が降ると、ぬかるんだりして、うまく刈れないことがありますので、この時期、農家の皆さんは、お天気情報にとても敏感です。

台風の接近が報じられていますが、いいお天気が続きますように。


稲穂が垂れる感じは、「実りの秋」というイメージにピッタリです。

日本は、かつて、稲作を中心とした国家でした。何万石の大名と呼ばれ、米の収穫量が、国力をあらわす時代もありました。

時代の変遷により、国の仕組みが、変化していく中で、国力の測り方も変わりました。多様化する社会の中で、GDPやGNPといった経済指標が国力を示す指針となり、仕事のありようや暮らしも変化していきます。多国籍化する企業も多く、その指標さえ、変わらなければならないでしょう。

環境の変化に適応できるかどうか、あらゆるところで、変化が求められているようです。

変化しつつも、確かな実りをもたらすことができますように。

記事一覧 | 2009年10月