ページトップへ

Today'sゆい工房

日々の暮らしは、様々な選択の連続の中にある。

 

朝起きて、歯を磨く。その際に、使う歯ブラシ一つをとってみても、

自身の歯茎の状態や、口腔の状態によって、どんなものがいいか、

ドラッグストアで、いろいろと思案して購入し、日々使い続ける。

一度購入すると、それは、しばらく使い続けるのだが、

自分に合わないとすれば、買いなおすこともある。

 

歯ブラシといえども、自分に合うか合わないかは、結構、重要な気がする。

歯ブラシの場合、価格からすると、選択を失敗しても、買いなおすことはできるが、

住宅となると、早々、買いなおすこともできない。

 

ゆえに、じっくりと、検討に検討を重ねながら、

自分たちに合った住まいとは、どんなものなのかを、家族とも話し合いながら、

選択をしておられることだと思う。

 

おなじ住むのであれば、「気持ちいい家」に住みたいと思う。

長い時間を、そこで過ごすのだから、その中の「空気感」は、とても重要な要素。

「空気感」は、なかなか、定量的に表すことが難しい。

何しろ、日本の住宅で、使用が制限や禁止されている物質は、2つだけ。

法令的には、何でもありの状態の中で、

様々な建築資材が用いられている。

材料から発生する化学物質などは、目に見えないこともあって、

わからないことが多い。

 

そこで、一般的には「☆☆☆☆の建材を使えば問題ありませんよ」という、業者の声に従い、

合板フローリングやビニールクロスという仕上げ材を使うことを良しとしてしまう。

 

もちろん、価格の問題はあるけれど、

生涯住まいとして使い続ける空間の仕上げ材だから、

人生への影響も多くあるのではないか。

そんなことを思いながら、

私たちは、無垢の木の床板と珪藻土の塗り壁をよく使っている。

 

 

記事一覧 | 0年0月

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全269ページ中)