ページトップへ

Today'sゆい工房

住みよく×格好よく

 

住まいの計画で、ゆい工房では、造作家具(ぞうさくかぐ)のご提案をしております。

 

日々の暮らしの中では、細々としたものの、収納場所を決めてあげることが、

片付けのポイントといわれます。

そのため、収納のための多様な家具をご購入されると思いますが、

一度に集めるというよりは、買い足し買い足ししていく中で、

色味だったり、サイズだったりが、チグハグになり、

「なんだかなぁ~」と思うこともしばしば。

 

可動棚などの造作(ぞうさく)により、収納の課題を解決できればと思います。

 

タタミ1枚分の、いわゆるクローゼットは、意外にも使いこなせない場合が多いようです。

パンパンに詰め込んで、どこに何があるかわからなくなってしまう場合もあり、

逆に、スカスカで、手前半分くらいは、何も入っていないということも。

収納計画では、モノの奥行きのサイズも把握しておくことが肝要かと思います。

 

造作家具≒造り付け家具ですが、将来的な暮らしの変化も想定しつつ、

可動式の棚などを増やせるようにして、重層的な収納計画が立案できればと思うこの頃です。

 

 

モノが片付き、さらに、スッキリとした納まりになったとき、

格好良い空間になっていくのではないかと思います。

 

 

 

 

 

記事一覧 | 暮らし

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全11ページ中)