ページトップへ

Today'sゆい工房

メリークリスマス!

 

煙突がある家を見ると、

サンタさんがそこからやってきて、プレゼントをくれるという、話を思い出す。

 

「うちには煙突がないなあ」とか、「こんな細い煙突からどうやって入ってくるの」などなど、

いろんな話題が広がる。

 

 

 

実際、薪ストーブの煙突は、今では、人が通れるような構造では造らない。

耐火材で被覆した貫通部に、密閉度の高い断熱二重管の煙道を設置しているので、

人が通れる余地はない。

 

げれども、煙突のある家には、なんとなく夢がある。

 

夕暮れの空に、焚きつけたストーブからの煙が、ほんのりと上がっているのを見ると、

家の暖かさが、その景色から伝わってくるようだ。

 

寒さの厳しい岩手には、そんな景色がよく似合うように思う。

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全111ページ中)