ページトップへ

Today'sゆい工房

ゆい工房では、お引き渡し後、1年目、2年目、5年目、10年目と、定期点検を行っています。

以降は、5年ごとの点検で、先日はとあるお客様のお宅の15年目定期点検をさせていただきました。

子供さんたちも巣立ち、日々の暮らしも、変化してきているようです。

無垢の床板には多少のキズはあるものの、

それも「思い出」であり、

深い味わいになっていると言われます。

 

長寿命の家とはどんなものなのかと、いろんな方が思案しているのですが、

どんなに堅牢につくっても、どんなに性能のいいものでも、

住む人の愛着がわく家でなければ、その建物は、長寿命なものにはならないのだろうと思うこの頃です。

 

最近、テレビで京都の町家の改修ビジネスが取り上げられていました。

百年以上前からある建物を、その風合いも残しつつ、

住まう人のセンスに合わせ現代的な改修を施し、

これから先の数十年も、更に使い続けていってもらおうという取組です。

 

「愛着を持っていただける家を造ろう」

これが、家づくりをする者に求められる、心掛けのポイントになるのだろうと思います。

 

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全105ページ中)