ページトップへ

Today'sゆい工房

11月に入り、今年もあと2ヶ月かとカレンダーをめくりました。
「年賀はがき発売中」という案内にも、時間経過の早さを痛感させられます。

さて、先日山(雑木林ですが)に行く機会があり、周辺を散策してきました。

春先に原木しいたけに植菌をし、そのまま重ねてあるだけの状態だったので、並べ替え作業を雪が降る前に、ということで行ってまいりました。

社会人になってからほとんど行く機会もなく、落ちた枝で塞がれた道であろう道を片付けつくづく思ったこと、山の手入れは大変たなと。道具を何も準備しかなかったことに後悔。薪の準備はこういうところから始まっているのかなと想像し、苦なく薪ストーブを使うにはやはり「楽しみながら」ということが大事かなと思いました。薪ストーブの焚き付けやDIYで使えそうな材料等、発見も多く、楽しい時間となりました。

枯れ木が土に返っていくという現場に何か寂しさも感じたものの、肥料となって来春新たな芽を育んでくれるだろうと期待し帰ってまいりました。
雪が降ればまた表情も変わりますが
雪降る前にもう一度手入れに行きたいなと山にはまりそうな今日この頃です。

岩手の木を使った家づくり
ゆい工房 今松

記事一覧 | 2015年11月